このページの本文へ

ここから本文

トピックス

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003

トピックス

■2008 (2008年1月~12月)

台湾 FA機器 主要代理店幹部 三菱新製品研修

2008年7月22日~25日の4日間にわたり台湾FA機器主要代理店幹部が来日し、ファクトリーオートメーション機器(FA機器)の新しい機能/製品の説明をタイムリーに要求される台湾市場で、現地顧客へより一層三菱FA製品に対し理解を深めていただけるよう、新製品研修会に参加しました。
姫路製作所では、次世代マイクロシーケンサのFX3Gシリーズの研修、名古屋製作所では、制御に関しては、次世代ネットワークのCC-Link IE含め、iQ-Platform対応CPU 表示器GT16シリーズを研修し、駆動に関しては、簡単、小形世界標準のFR-D700 シリーズ、リニアサーボの製品紹介を研修しました。
今後、ニーズの多様化、要求が厳しくなる台湾のお客様へ、現地販売代理店と一丸となって顧客満足度向上を目指し、FA製品の台湾NO.1サプライヤーへ挑戦していきます。

摂陽企業股份有限公司


<研修会参加メンバー>

▲このページのトップへ

台湾 FA次世代ネットワーク『CC-Link IE』新製品セミナー

2008年6月17日~20日の4日間にわたり、摂陽企業股有限公司主催で、台南、高雄、台中、新竹の4都市にて「CC-Link IE」新製品セミナーを開催した。
イーサネットベース統合ネットワーク「CC-Link IE」の発表を目玉に、CC-LINK協会(以下略称CLPA)本部からは田中事務局長およびCLPAテクニカル部会・楠部会長が講師として参加、CLPAの最新活動を報告、「CC-Link IE」のコンセプトと特徴を紹介した。
「CC-Link IE」とは情報系から生産現場までをイーサネットベースで垂直統合したシステムで、イーサネット規格を採用することでケーブル・コネクタのコスト削減、通信速度の高速化(1Gbps)、リンクスキャンタイム5ms(従来比14倍)を実現している。 台湾ではFPD(フラットディスプレイパネル)業界、半導体業界を中心に、高速化したネットワーク対応のFA製品の導入に旺盛な需要があり、CLPAが提案する「FA製品を明日へと導く次世代統合ネットワーク構想」実現の場として期待されている。

摂陽企業股份有限公司

<協賛企業>
CC-LINK協会 田中事務局長 楠部会長

▲このページのトップへ

インドネシア スラバヤ工科大学(ITS) MELSEC-Qトレーニング設備贈呈式

2008年2月5日 インドネシア スラバヤ工科大学(ITS)で三菱電機FA海外事業部の協力のもとMELSEC-Qシリーズ(教育機材)の贈呈式を開催した。
贈呈式にはインドネシア工学系大学の学部長クラスが列席し、地元メディアによる取材も大々的に行われたことから、インドネシアにおける工業自動化に対する注目度が伺われる。
スラバヤ工科大学はインドネシア国内の工学系大学の中でも有数の大学にあたり、すでに支援を行っているバンドン工科大学(ITB)と合わせ、今後、同国内の実力校でFA製品の教育をサポートすることとなった。長期的な視野に立ち、同国内の工業自動化を担う三菱FA機器製品の専門家育成を行う。

セツヨーアステック ジャカルタ駐在員事務所


< 贈呈式 式場 >


< トレーニング ルーム >

参加各位
1. Mr. Moh Ashari : 電気工学部長
2. Mr. Sulistiyono : 工業技術学部長
3. Mr. Eko Budi Djatmiko : 副学長
4. Mr. Suasmoro : 副学長
5. Mr. Budi Santosa : 副学長 ・ 工業技術学部 教授
6. Mr. Gatot Koesraharjo : 電気工学部長
7. Mr. Suyanto : 工学物理学部 講師

▲このページのトップへ

インドエレクトロニクスショーに出展(3度目)

2008年1月18~25日 インド ムンバイにて同国最大のエレクトロニクスショーが行われた。当展示会は1990年から始まり、今回で8回目となる。出展社数は過去最大の1000社を超え、来訪者は総数10万人と大盛況であった。
2004年、2006年に引続き、今回が3度目の参加となり、波光製品、液晶、パワーモジュール(三菱電機)、キャパシター(日立AIC)、配電盤用コントロールスィッチ(SEIKO)と主にインバーターキットをメインとした製品類を共同出展した。
出展企業中唯一の日系企業として注目を浴び、多数の顧客と商談を交わし、5日間のエレクトロニクスショー出展を有意義に終えた。
インド国内では2007年度後半デリーにSETSUYO ASTEC SINGAPORE PTE. LTD.の販売事務所を設置。2008年前半にはバンガロールに事務所を設置し、インド市場攻略の足がかりとする。

SETSUYO ASTEC SINGAPORE PTE. LTD


< 展示ブース写真 >


< 展示物 >

【共同出展企業】
三菱電機株式会社
日立AIC株式会社
TDK株式会社
SEIKO ELECTRIC Co., Ltd.
A.P.Y ENGINEERING Co., Ltd.

▲このページのトップへ