このページの本文へ

ここから本文

トピックス

  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003

トピックス

■2020 (2020年1月~12月)

台湾 第三回e-F@ctoryアライアンス総会開催(2021.02.03更新)

当社は、2020年12月11日に台湾三菱電機と共同で「第三回e-F@ctoryアライアンス総会」を台中市内のホテルで開催しました。

本総会では、台湾における産官学研95社/機関、245名の方にご参加頂き、グローバル市場におけるe-F@ctoryアライアンスの活動状況報告と共に、FAとITを協調させる日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム「Edgecross」や最新技術として稼働率向上や予防保全を実現する三菱電機のAI技術(Maisart)を紹介しました。また会場ではパートナー企業による三菱電機FA製品を組み合わせたデモ機の展示やパートナー企業同士の商談発掘の機会を提供致しました。

今後も、引き続き高度な技術と豊富なノウハウをもった多彩なパートナー企業様との連携を強化し、ご要望に応じた最適なソリューションを提供してまいります。

攝陽企業股份有限公司

<総会にてデモ機、ソリューションをご提供頂いたパートナー企業様>
(台湾)原見精機股份有限公司、所羅門股份有限公司、新人類資訊科技股份有限公司、
    馳達科技股份有限公司、四零四科技股份有限公司、達梭系統股份有限公司
(日本)ソフトサーボシステムズ株式会社

▲このページのトップへ

台湾 FA製品展示会へ出展(2020.10.02更新)

当社は、2020年8月に台北市で開催された台北国際自動化工業大展に台灣三菱電機と共同出展し、台湾政府の提唱する智慧機械(Smart-Machinery)へのIotソリューションとして「e-F@ctory」や最新の三菱電機FA機器による実用的なソリューションデモを展示致しました。

700社以上の企業が出展した当展示会にて当社は、CC-Link IE TSNの最新ネットワークやTSN技術対応のFA機器新製品、動態デモ機の展示やロボットによる生産力向上ソリューションを提案しました。
会場では三菱電機製品展示のほか、14テーマでの三菱電機関連技術・製品発表会を開催すると共に、e-F@ctoryアライアンス企業や台湾現地パートナー企業、三菱電機海外パートナー企業様によるソリューション展示を行い、来場頂いた方々にご好評を頂きました。

会場でのCOVID-19感染対策については主催者側から当社を含む出展者、ご来場の方々にまで万全な体制で実施され、入場者数の制限や入場者の体温測定や実名登録、マスク着用の必須、会場でのアルコール消毒液の設置等万全な感染防止対策に取り組むことで展示会が無事に終了致しました。

当社ブースへ多数ご来場頂き、誠にありがとうございました。

攝陽企業股份有限公司

<展示会英文名称>
・Taipei Int’l Industrial Automation Exhibition

<出展協賛e-F@ctoryアライアンスパートナー>
派特萊股份有限公司、詮源資訊股份有限公司、振寧系統顧問有限公司、四零四科技股份有限公司、
歐利速精密工業股份有限公司、財團法人中衛發展中心

<出展協賛企業>
(台湾) 可台有限公司、原見精機股份有限公司、睿欣實業股份有限公司、威貿精密有限公司
(海外) 株式会社エニイワイヤ(日本)、Akribis Systems Pte Ltd.(シンガポール)、ソフトサーボシステムズ株式会社(日本)

▲このページのトップへ

東京ビッグサイト LED関連製品展示会に出展(2020.03.24更新)

2020年1月29日から3日間、東京ビッグサイトで開催された、深紫外(DUV)市場・LED応用製品の最先端技術展である「LED JAPAN 2020」に、台湾 High Power Lighting Corp.(HPL)社と共同出展しました。

同展示会には、HPL社”BIORAYTRON”ブランドのUVC-LED製品、並びに関連製品(電源、ヒートシンク等)を出展、デモ機を駆使した分かり易い製品説明により、国内外のLED照射ユニットメーカー様から高い評価をいただき、手ごたえを感じることができました。

UVC-LED製品は、今後医療・検査光源用途への用途拡大が期待でき、HPL社との密接な連携の下、顧客へのさらなる積極的な提案活動につとめ、販売拡大を目指してまいります。

株式会社セツヨーアステック / 攝陽企業股份有限公司

▲このページのトップへ