このページの本文へ

ここから本文

トピックス

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003

トピックス

■2017 (2017年1月~12月)

システムコントロールフェア(SCF)2017に当社代理店・エンドユーザー様御来場

2017年11月29日から12月1日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたシステムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017に、東・東南アジア各国より当社FA機器・配電機器代理店様、機械セットメーカー様、エンドユーザー様計105社、209名様が来日・来場され、当社スタッフは三菱電機のブースを中心にブース及び展示品を案内致しました。

オートメーションと計測の先端技術総合展である当展示会では、今年度は「ものづくりIoT」関連の機器・技術、サービスが多数展示されました。

三菱電機のブースでは、先端技術を活用し、より進化した「e-F@ctory」関連の実用的なソリューションを中心に、来場された当社代理店・エンドユーザー様にも高い評価を頂き、三菱電機FA・配電機器関連製品とサービス体制のPRを行うことができ、大きな手ごたえを感じました。
本展示会に多数ご来場頂き、誠にありがとうございました。

▲このページのトップへ

幕張 LED関連製品展示会(Bio Opto Japan 2017)に出展

2017年10月に千葉市の幕張メッセで開催された光技術のバイオ・医療応用専門展(Bio Opto Japan 2017)に、当社グループはUVC-LEDとその関連製品を出展しました。
(光学技術の総合展示会であるAll about PHOTONICS展の1展示会として開催)

本展示会は光学機器関連製品の国際展示会で、約270の企業・団体が出展し、盛況の内に開催されました。

本展示会に当社は、”BIORAYTRON”ブランドで製品販売中のUVC-LEDパッケージメーカー、台湾 High Power Lighting Corp.(HPL)社と医療・検査光源用途等で使用される UVC-LEDと関連製品(電源、ヒートシンク等)を共同出展しました。
カタログとデモ機を駆使した分かり易い製品説明により、国内外のLED照射ユニットメーカー関係者・来場者からも高い評価を頂きました。

本展示会を通じて、多数の来場者によるHPL社製UVC-LED及び関連製品への関心の高さから、大きな手ごたえを感じる事が出来ました。

従来の工業印刷、樹脂硬化用途で使用されるUV-LED製品とは用途が異なるUVC-LED製品は今後、医療・検査光源用途への広がりが期待され、ニーズも高まっております。当社では徹底した「顧客満足度向上」をスローガンに今後も営業活動に取り組んでまいります。

株式会社セツヨーアステック / 攝陽企業股份有限公司

▲このページのトップへ

台湾FA製品展示会へ出展 2017台北國際自動化工業大展/Monitech Taiwan 2017*

当社は、2017年9月に台北市で開催された台北國際自動化工業大展およびMonitech Taiwan 2017に出展し、台湾政府が推進する「スマート機械産業推進計画」への提案としてe-F@ctoryによる実用的なソリューションを紹介致しました。

台北國際自動化工業大展へは、350社あまりの企業が「スマートファクトリー」、「インダストリー4.0」等のコンセプトに基づき、ロボットや自動化制御設備等の最新製品が出展されました。

Monitech Taiwan 2017は、管理/監視システム・遠隔操作技術等の展示会で、Touch Taiwan 2017(タッチパネル・光学フィルム展示会)と併催され、次世代技術が盛り込まれた製品や製造装置が出展されました。

両展示会共に、弊社は三菱電機FA機器及びパートナー関連製品によるソリューション展示を行い、デモ機を駆使した解り易く丁寧な製品説明により高い評価を頂き、ご好評のうちに終えることができました。
弊社ブースへ多数ご来場頂き、誠にありがとうございました。

攝陽企業股份有限公司

*Monitech Taiwan正式名称:Smart Manufacturing & Monitech Taiwan 2017


台北國際自動化工業大展


Monitech Taiwan 2017

▲このページのトップへ

国立モンゴル科学技術大学 三菱電機FA機器贈呈式

2017年4月24日、三菱電機(株)FAシステム事業本部協賛のもと、国立モンゴル科学技術大学に、専門教育用の教材として三菱電機製FXシーケンサ, 表示器, インバータ, ACサーボが贈呈されました。

贈呈式には、同大学のOchirbat学長をはじめ大学関係者、在学生、在モンゴル日本大使館の山本広報文化班長、本件協力会社ERCHIM ENGINEERING LLC社のBatbold社長、報道関係者(TV、新聞)、そして三菱電機株式会社及び当社から総勢数十名が参加し、盛大に行われました。

国立モンゴル科学技術大学は、モンゴルの首都ウランバートルにあり、技術系大学の最高峰です。理論的な教育だけでなく、実践的な教育により有能な技術者を育成し、モンゴル産業の発展を担っています。

同大学に三菱電機製FA機器が贈呈されたのは、1995年、2002年に続き今回が3回目。

<列席各位>
国立モンゴル科学技術大学 Ochirbat Baatar学長
国立モンゴル科学技術大学 Mangaljalav Chimed 学部長
在モンゴル日本大使館 広報文化班長 山本 圭吾
三菱電機株式会社 FAシステム事業本部 部長 藤澤 正宏
ERCHIM ENGINEERING LLC Batbold Makhbal社長

<英文名 ⁄ 略称>
国立モンゴル科学技術大学:Mongolian University of Science and Technology / MUST

▲このページのトップへ